×

スマホでサクサク競馬予想!

ウマホは、Twitter連携することでさらに便利にご利用いただけます。

Twitter連携でできること

  • お気に入りの馬や騎手の出走時に通知を受け取ることができます。
  • カードを使ったオリジナルの予想大会に参加できます。
  • ブログ機能を使って、記事を書くことができます。
  • 「みんなの予想」機能で気軽に予想をフォロワーに共有できます。

Twitter white

×

全てを表示
フォロー中のみ

このページは準備中です

このページは準備中です

Result turf sunny
Kumo 7Hi 7Win opAshi henkaShiba 2000
Moji aMoji suMoji kuMoji biMoji kuMoji taMoji  Moji moMoji a
Zentai hishiyamagata shiro
Sode ipponwa ki
Happy
Happy sub
Jockey tanabe
Menko 2
Touraku 2
2022年10月23日(日)
新潟東京阪神
123456789101112

第83回菊花賞(G1)

3歳オープン  (国際)牡・牝(指)(馬齢)

芝右3000m / 天候 : 晴 / 芝 : 良 / 発走 : 15:40

2番人気のアスクビクターモア(田辺裕信騎手)が、好位追走から早めに先頭に立つと、迫り来る7番人気のボルドグフーシュを、ハナ差凌いだ。勝ち時計は3分02秒4。3着には4番人気のジャスティンパレスが入った。なお、1番人気に支持されたガイアフォースは、8着という結果になった。

1着3:02.4
Loading
  • 次走メモ: 【注目】母父が欧州血統(レッドゴッド系)のディープインパクト産駒らしく、夏を超えて馬が一段と良くなっていた。レースでは逃げるセイウンハーデスを見ながら課題の折り合いしっかりつけての追走。速い流れで早めの仕掛けとなったが、持久力勝負でボルドグフーシュをハナ差しのいでの勝利。まだまだ良くなりそうな馬だし、次走は有馬記念なら古馬相手でも勝ち負けできそうな舞台。
2着ハナ
Loading
  • 次走メモ: 【注目】道中は中団からの競馬。2周目3コーナーから早めに動いて行き、4コーナーではフェーングロッテンを外に弾いて進路も作り(これで吉田隼人騎手は過怠金5万円)上がり最速の脚で追い込んだが、早めにスパートをかけていたアスクビクターモアにハナ差及ばず惜しい2着。ただ、ステイヤーとしての素質は十分に見せた内容だったので、次走以降、有馬記念・天皇賞(春)が楽しみになった。
3着1/2
Loading
  • 次走メモ: 【注目】戦前は「前走からの上積みは期待ほどではない」と陣営のトーンも低く、外枠(17番)を引く形となってしまったが、鮫島克駿騎手がほぼロスなく乗っての0秒1差3着。今回3000mをこなしはしたが次走以降、2200m~2500mあたりの距離で高いパフォーマンスを見せてくれそうな馬。
4着5
Loading
  • 次走メモ: 【注目】道中は中団外で脚をためる形での追走。勝負どころからは4・5頭ぶん外を回って勝負にいくが、2周目4コーナーで早めに動いたボルドグフーシュの影響で外に弾かれる場面があったのが痛かった。それでも、1秒0差4着まで差を詰めることができたのは地力の高い証拠。血統面からは2500mまでの方が良さそうな印象なので、次走は有馬記念で見てみたい。
5着クビ
Loading
  • 次走メモ: 【注目】鞍上がコースロスなく乗ったおかげで17番人気ながら1秒0差5着に善戦。ステイヤー適性は証明した内容だった。まだ2勝馬なので次走は条件戦への出走が可能だし、しっかり経験を積んでスタミナ勝負の重賞で勝ち負けできる日を楽しみにしたい。
6着1.1/4
Loading
  • 次走メモ: 【注目】前走同様、後方で脚をためて末脚に賭ける競馬。ただ、2周目4コーナーでプラダリアにカットされてブレーキをかける不利があったのが痛かった。それでも、鞍上もコメントしていたようにスムーズでも4着ぐらいまでといった内容だったのも事実。神戸新聞杯も決め打ちがハマったものだし、現時点では重賞では微妙に能力が足りない馬でまだ成長が必要。次走は相手関係を見極めて取捨選択したい。
7着クビ
Loading
  • 次走メモ: 【注目】前走の神戸新聞杯が放牧先で減った体を戻しながらの調整だったので、状態面での上積みは大きかっただろうが、スタート後のポジション争いでゴチャついて手綱を引く場面があったし、母父クロフネのディープインパクト産駒では3000mも長かった印象。次走、2000mや2400mに戻しての巻き返しに期待。
8着2.1/2
Loading
  • 次走メモ: 【注目】セントライト記念が菊花賞の権利を獲りに行く仕上げだったので、それほど大きな上積みはなかったし、スタートも速くなかったので、ポジション争いで前に行けず窮屈な位置でのレースとなってしまい、1秒6差8着。ただ、スムーズに競馬ができていたとしても、3000mは少し長かったイメージがあったのも事実。次走は結果を出している2000m前後に戻して巻き返しを。
9着1
Loading
  • 次走メモ: 【注目】神戸新聞杯は目イチの仕上げではなかったので、状態面の上積みはあっただろうが、父キズナ×母父ゼンノロブロイで3000mは長かった印象。ただ、重賞を勝った京都新聞杯はトラックバイアスに恵まれたし、基本的に芝の重賞では一歩足りないレースが続いてしまう可能性がありそう。個人的には次走以降、ダート替わりで狙ってみたい馬。
10着1
Loading
11着2.1/2
Loading
  • 次走メモ: 【注目】福永騎手の騎乗は決して悪いように見えなかったが、ラチを頼って走りたい馬が大外18番枠を引いた時点で今回はレースが終わっていたようなものだった。そのため、好走条件は内枠か少頭数。次走は条件次第で狙いたい。
12着2.1/2
Loading
  • 次走メモ: 【注目】スタートで遅れてポジションを取れなかった時点で厳しい形になってしまい、今回はノーカウントと考えて良さそうな一戦。1勝馬だが能力の高さは疑いようがないので、次走での巻き返しに期待したい。
13着2
Loading
  • 次走メモ: 【注目】折り合ってレースを進めることはできたが、父アメリカンペイトリオット×母父ネオユニヴァースの血統で3000mは明らかに長かった。次走、勝利実績のある1600m~1800mぐらいに距離を戻せば、巻き返しがあっても驚けない馬。
14着3
Loading
  • 次走メモ: 【注目】まくって3勝してきた馬が、今回は勝ったアスクビクターモアをマークする形で勝ちに行く競馬。3秒7差14着と大敗してしまったが、強いメンバー相手に正攻法を経験したことは大きいだろうし、母父がUnbridled'sSongのドゥラメンテ産駒では3000mの壁もあったのかもしれない。いずれにしても、まだまだ成長する雰囲気はあるので、次走以降、必ず注目しておきたい馬。
15着1/2
Loading
16着3.1/2
Loading
17着5
Loading
18着8
Loading
買い目金額人気
単勝144102
複勝14
4
17
160
290
330
1
4
7
枠連2―78502
馬連4―142,0309
ワイド4―14
14―17
4―17
790
770
1,920
8
7
25
馬単14→43,37010
三連複4―14―176,44023
三連単14→4→1730,01079

検索中です...

しばらくお待ちください

検索条件

×

検索のヒント