×

スマホでサクサク競馬予想!

ウマホは、Twitter連携することでさらに便利にご利用いただけます。

Twitter連携でできること

  • お気に入りの馬や騎手の出走時に通知を受け取ることができます。
  • カードを使ったオリジナルの予想大会に参加できます。
  • ブログ機能を使って、記事を書くことができます。
  • 「みんなの予想」機能で気軽に予想をフォロワーに共有できます。

×

このページは準備中です

このページは準備中です

Umaho top

今週出走予定の馬の次走メモすべて見る

  • カンピオーネ

  • オカリナ

  • メイショウチタン

  • インペリアス

  • ライフレッスンズ

  • ヤマニンプティパ

  • ジャンダルム

  • ギルデッドミラー

  • ジョウショーホープ

  • メガゴールド

  • リカンカブール

  • ダイシンユノ

  • ミシェラドラータ

  • パンサラッサ

  • シオミチクレバ

  • ソダシ

  • ギブミーラブ

  • ルドラクシャ

  • ルクルト

  • ビヨンドザタイム

  • イースターエッグ

  • エヴァジョーネ

  • アドマイヤメティス

  • レッドベルオーブ

  • セレシオン

  • キャプテンドレイク

  • スルーセブンシーズ

  • ケイデンスコール

  • ジャックドール

  • ロバートソンキー

  • シンヨモギネス

  • アトラクティーボ

  • モズマゾク

  • タイセイビジョン

  • テイエムスパーダ

  • アネゴハダ

  • エコロカナワン

  • タイガーサイレンス

  • グランデレジーナ

  • ナムラクレア

  • ナイトキャッスル

  • ウインマリリン

Horse icon
次走メモ
Ranking icon
ランキング
Article icon
記事&予想
Data icon
データ検索
今週先週

今週のレース情報

札幌新潟小倉
ブログ記事みんなの予想

最新のブログ記事

C2e01be6 d723 40cb 9578 7520b4d8407a

早速JRA重賞初制覇!【チャクイウ・ホー騎手】について調べてみた!

遅くに起きて朝ごはんを食べ損ねた日は、夕食とは別に夜食を食べますこんにちは、森田アイですお盆休みですね!皆さんはいかがお過ごしでしょうか?私は会社でコロナが出たこともあり、帰省はやめて、細々と用事を片付けています…。天気が悪くても、ちょっと外に出るだけでめちゃくちゃ汗をかきますし、皆さん熱中症にはお気をつけください!予定がある方も、こまめな水分補給と休憩をしましょう!さて今回は、先週JRA重賞初制覇を飾られた、 #チャクイウ・ホー 騎手について調べてみました!【チャクイウ・ホー騎手の経歴】チャクイウ・ホー騎手は1990年5月25日生まれの32歳(2022年8月現在)香港生まれの、香港ジョッキークラブの騎手です。漢字の表記では「何澤堯(かたくぎょう)」となり、英語だと「 Vincent Ho Chak Yiu」。日本ではチャクイウ・ホーやヴィンセント・ホーと表記されることが多く、今回はJRAの記載と同じC(チャクイウ).ホー騎手と記載させていただきます。小さい頃から動物が好きで、両親が乗馬の広告を見て勧めたのがきっかけで、12歳から乗馬を始められたそうです。他のスポーツも色々経験された中で、乗馬が一番楽しかったようです。ただ、香港では馬術のプロ選手というシステムがなく、馬の仕事は騎手しか選択肢がなかったため、騎手になる道を選ばれたそうです。しかも香港では競馬場に入場できるのは18歳からで、競馬学校に入った時点では競馬にはまだ興味がなかったとのこと。日本の騎手の方は、「小さい頃から親と競馬場に来ていて〜」ときっかけをお話しされる方も少なくないですが、香港では文化やルールが全然違うんですね!でもそれでも騎手を目指されるくらい、馬への思い入れが強かったということですね!16歳で香港ジョッキークラブの競馬学校に入学。競馬に興味を持ったのは、卒業した17歳くらいの頃だったそうです。見習い時代はニュージーランドのランス・オサリヴァン調教師に師事し、44勝を挙げて香港に帰国。香港では2009/2010年シーズンにデビューされました。翌シーズンは39勝を挙げて見習い騎手チャンピオンになりました。2012年10月には香港での70勝目を挙げ、見習いから脱しました。香港でのデビューの前に、ニュージーランドで騎乗されていたんですね!これも日本ではあまりない経歴ですよね。そして見習い騎手の時から既に結果を出されていたんですね!2018年のシーズンオフにはイギリスに渡り、エックスレーテッドでイギリス初騎乗初勝利も果たします。その後2018/19年シーズンは、G3クイーンマザーメモリアルCをホーホーカーンで勝利、G3プレミアプレートをライズハイで勝利し、2つの重賞を含むキャリアハイの56勝をマークしました。生え抜き騎手の中で最多勝を挙げた騎手に贈られるトニークルーズ賞も受賞されています。2019/20年シーズンでは、ゴールデンシックスティとのコンビで香港クラシックマイル、香港クラシックカップ、そして香港ダービーの香港4歳クラシックシリーズを完全制覇。1995年のA.クルーズ騎手以来となる、地元生え抜き騎手による香港ダービー制覇を達成されました。更に2020年4月にはサザンレジェンドG1香港チャンピオンズマイルを勝利、自身初のG1制覇を果たされました。翌2020/21年シーズンには、ゴールデンシックスティとのコンビでG1香港マイル、G1スチュワーズC、G1香港ゴールドC、そしてG1香港チャンピオンズマイルを勝利。また、日本のラヴズオンリーユーでもG1クイーンエリザベス2世Cを勝利されています。短期間で数々のG1を勝利!どんどん勢いに乗っていらっしゃいますね!2022年にはJRAの短期免許を取得。(期間は7月30日から、8月28日の週まで)前年から日本での騎乗を希望されていたようですが、コロナ禍で断念。待望の来日となりました。先日のレパードSでは、 #カフジオクタゴン に騎乗し勝利。JRA重賞初制覇を果たしました。香港競馬ではダートのレースが少ないこともあってか、勝利騎手インタビューでは「ありがとうございます! 先週はダートはあまり好きじゃないと言いましたが、これでダートレースがもっと好きになりました」とお話しされていました。経験の少ないダートのレースでも、こうして大舞台できっちり結果を出されるのが凄いですよね!【ホー騎手にとっての日本競馬の魅力】ホー騎手は、2022年7月30日のJRA初勝利の際のインタビューで、日本競馬の魅力について次のようにお話しされています。「日本の競馬の魅力は生産者がいて、馬を調教して、牡馬も牝馬もいることで、そこが香港とは異なります。そして、それらの馬が世界中で数多く勝っていることに加えて、競馬自体の組織、ファンの多さ、競馬のシステムも素晴らしいので魅力を感じていました。素晴らしい仲間がいて嬉しいです。」日本の競馬と香港の競馬とでは、色々と違いがあるようですね。ちなみに香港競馬はセン馬がほとんどで牡馬は少なく、牝馬は非常に少ないようです。特色のある香港競馬の騎手でありながら、世界中で既にこれだけの結果を出し、更に日本でも重賞初勝利を挙げられるなんて、適応力が凄すぎですね!調べてみて、益々今後もご活躍も楽しみになりました!これからも様々な騎手について調べていきますので、よろしくお願いします!

@suzuai_umajo

2022/08/13

すべての記事を見る
自分も記事を書いてみる

先週までのレース結果&動画

第58回小倉記念(G3)

3歳以上オープン  (国際)(特指)(ハンデ)

芝右2000m / 天候 : 晴 / 芝 : 良 / 発走 : 15:35

2番人気のマリアエレーナ(松山弘平騎手)が、スタートしてすぐ好位につけると、後を追う10番人気のヒンドゥタイムズを、最後は5馬身突き放した。勝ち時計は1分57秒4。3着には1番人気のジェラルディーナが入った。




馬名
騎手
タイム
上がり
オッズ
人気


2
1
2
マリアエレーナWin op

牝4

424(-2)

松山弘平 (54)

5-4-3-2

1:57.4

34.6(1)

5.0倍

2人気

 


7
2
12
ヒンドゥタイムズWin op

セ6

462(-14)

C.ホー (56.5)

11-11-11-9

1:58.2

5

35.0(2)

32.0倍

10人気

 


2
3
4
ジェラルディーナWin op

牝4

458(+6)

福永祐一 (54)

9-9-11-9

1:58.2

ハナ

35.0(2)

3.2倍

1人気

 

検索中です...

しばらくお待ちください

検索条件

×

検索のヒント