×

スマホでサクサク競馬予想!

ウマホは、Twitter連携することでさらに便利にご利用いただけます。

Twitter連携でできること

  • お気に入りの馬や騎手の出走時に通知を受け取ることができます。
  • カードを使ったオリジナルの予想大会に参加できます。
  • ブログ機能を使って、記事を書くことができます。
  • 「みんなの予想」機能で気軽に予想をフォロワーに共有できます。

Twitter white

×

全てを表示
フォロー中のみ

このページは準備中です

このページは準備中です

Result turf cloudyreverse
Kumo 2Hi 2Win opAshi senkouShiba 1800
Moji vuMoji e sMoji ruMoji toMoji raMoji iMoji zeMoji nnMoji de
Zentai juujitasuki aka
Sode tatejima ki
Happy
Happy sub
Jockey hanyou male30 40
Menko 2
Touraku 2
2023年1月15日(日)
小倉中京中山
123456789101112

第70回日経新春杯(G2)

4歳以上オープン  (国際)(特指)(ハンデ)

芝左2200m / 天候 : 曇 / 芝 : 稍重 / 発走 : 15:35

2番人気の支持を得たヴェルトライゼンデ(D.イーガン騎手)が、スタートしてすぐ好位につけると、前を行く10番人気のキングオブドラゴンを、クビ差差し切った。勝ち時計は2分14秒2。3着には4番人気のプラダリアが入った。1番人気に支持されたロバートソンキーは、5着となった。

1着2:14.2
Loading
  • 次走メモ: 【注目】血統背景を見るとタフな馬場も苦にしない血統だし、道中は好位のインでロスなく追走することができていた。トップハンデの59kgを背負っていたものの、直線はしっかり伸びて重賞2勝目。6歳になったが屈腱炎で長期離脱していたこともあり、キャリアはまだ13戦とフレッシュな馬。次走以降でG1タイトル奪取の可能性も十分。
2着クビ
Loading
  • 次走メモ: 【注目】2走前の京都大賞典は中山遠征後の中1週で強行軍だったし、前走は直線で内ラチにぶつかるアクシデントがあってノーカウント。とはいえ今回は休み明けの雰囲気を残しての出走だった。レースではジワッと好位につけることができたものの、勝負どころでは他馬より早くから鞍上の手が動く形に。それでも、しぶとく踏ん張って0秒1差2着。なかなか好走条件がつかみづらい馬だが、次走も人気にならないのであれば、押さえておいてもよさそう。
3着クビ
Loading
  • 次走メモ: 【注目】軽い馬場の方がいい父ディープインパクト×母父クロフネの配合なので、鞍上は馬場の悪い内を避けていたため、3~4コーナーで4・5頭ぶん外を回っていたが、この馬以外で掲示板に載った馬はイン2頭目以内を回っており、結果的に距離ロスの影響が大きかったか。それでも、初の古馬との対戦で僅差の競馬ができたことは評価できるし、次走も楽しみ。
4着1/2
Loading
  • 次走メモ: 【注目】前走同様、後方で脚をためて末脚に賭ける競馬。ただ、2周目4コーナーでプラダリアにカットされてブレーキをかける不利があったのが痛かった。それでも、鞍上もコメントしていたようにスムーズでも4着ぐらいまでといった内容だったのも事実。神戸新聞杯も決め打ちがハマったものだし、現時点では重賞では微妙に能力が足りない馬でまだ成長が必要。次走は相手関係を見極めて取捨選択したい。
5着1
Loading
  • 次走メモ: 【割引】道中は勝ったヴェルトライゼンデの後ろ、4着馬ヤマニンゼストの外でスムーズに追走できていたものの、直線では完全に伸び負けしてしまい、0秒4差5着。2着だったオールカマーはイン有利の馬場で最内枠を味方にしての好走だったので、いろいろ恵まれないことにはG2では厳しいことを確認できたような一戦だった。次走、相手関係が楽になれば巻き返しも。
6着1
Loading
  • 次走メモ: 【注目】ダートで4勝、重馬場だった函館記念を勝っている実績を考えると、もっと馬場が悪くなっていたほうが良かっただろうし、イン有利の結果にもなっていたので、3頭ぶん外を回っていたことも少し影響してしまったかもしれない。ただ、ここ2走はスムーズに競馬ができたとしても、斤量が響いてたと感じる内容。次走は斤量とメンバーレベル次第になりそう。
7着1
Loading
8着クビ
Loading
9着1/2
Loading
10着アタマ
Loading
11着1/2
Loading
  • 次走メモ: 【割引】今回と同じコースだった京都新聞杯で2着の実績があること、54kgのハンデ、川田騎手鞍上で3番人気の支持を受けたが、好位追走から一杯になり、古馬重賞では完全に力負けの内容だった。スムーズに運べた前走のグレイトフルステークス(3勝クラス)でもうまく立ち回っての0秒1差2着だっただけに、次走、自己条件に戻ってもスッキリ勝ち切れるか疑問。
12着クビ
Loading
  • 次走メモ: 【割引】後方待機から勝負どころは3着馬プラダリアの後ろを通って進出を試みるも伸び負け。中京芝2200mの不良馬場のなか2勝クラスの熊野特別を3馬身差で勝った実績もあるだけに道悪が敗因ではないはず。次走、G3のハンデ戦に戻してどこまでやれるか。
13着1/2
Loading
14着
Loading
買い目金額人気
単勝23802
複勝2
10
12
190
740
240
3
10
4
枠連2―62,39013
馬連2―108,41025
ワイド2―10
2―12
10―12
2,380
730
3,620
27
8
38
馬単2→1013,44043
三連複2―10―1217,19058
三連単2→10→1296,330288

検索中です...

しばらくお待ちください

検索条件

×

検索のヒント