×

スマホでサクサク競馬予想!

ウマホでは、ブログ記事を書いたり、Twitterのように馬や騎手をフォローして、自分だけのタイムラインを作ることができます。コメント機能でフォロワーに予想を共有したり、予想大会に参加したりできます。

予想大会のルールは簡単!

  • 追加できるカードは1日1枚です。
  • 一度持ったカードは7日間のみ有効です。
  • カードを持っている間にその馬が勝利すれば、ポイントが入ります!

×

このカードを入手してよろしいですか?

カードを入手すると...

  • 23時間経過するまで他のカードは入手できません。
  • カードは7日間だけ、あなたが所有できます。
  • このカードを持っている間に発走時刻を迎えたレースでこの馬が勝利すれば、単勝オッズ×10000Pが入ります。(5着までに入れば、着順に応じたポイントが入ります)詳細

入手理由・応援コメントなど(出馬表に表示されます)

Twitterにも投稿する

Pen
Blog header15

2020~2021 注目、期待の2歳馬!

@keiba_TT
2020/05/20
今年もこんな季節です。
我々素人が2歳馬を勝手に注目して期待する時期でございます(言い方)。
来年のダービーなどのクラシック候補を探す。これを「POG」なんて言いますね。
ただここではあえて、クラシックとかは気にせず、私TTが気になった馬、注目したい馬を何頭か何十頭か、選んで持論を述べたいと思います。
私はハッキリ言って、見抜く力はありません!なので、過信せず、あ~アイツあんな事書いてたな~くらいの感じで見てくださいな。

なお、参考にしている本はGallop2020~2021と須田鷹雄さんの赤本です。



じゃあ早速1頭目

クリーンスイープ
(牝馬、鹿毛、1/15生まれ
父ドゥラメンテ 
母スイープトウショウ
母父エンドスイープ
美浦 国枝栄厩舎所属予定
馬主 シルクレーシング(募集金額4000万)
生産者 安平 ノーザンファーム)

この馬の姉がスイープセレリタス。現在はOPクラスに在籍してます。スイープセレリタスのイメージはマイル近辺の距離を中心に使っている形ですが、クリーンスイープは中距離を中心で使っていきたいとのこと。姉はハーツクライを父に持っているが、こちらは新種牡馬ドゥラメンテ産駒。これにより気性面は多少荒いとは言われてますが、少しずつ大人しくなってちるという評価になっています。ただドゥラメンテ自身もうるさい馬ですので、問題ないかと思います。まだ乗りこみがうんぬかんぬということは書き込みが無かったのでデビューは秋くらいかなと思います。馬体は姉に比べれば小柄ですが、筋肉はしっかりついており、どちらかと言えば父親似かな~と思いますかね。そこそこには切れる脚もありそうですね。



続いて2頭目

ルペルカーリア
(牡馬、鹿毛、4/28生まれ
父モーリス
母シーザリオ
母父スペシャルウィーク
栗東 友道康夫厩舎所属予定
馬主 キャロットファーム
生産者 安平 ノーザンファーム)

写真を見て一言。トモの筋肉がすごい。素人目で見てもいかにもパワー、切れ味を兼ね備えてるのかなという印象。シーザリオが母なので、エピファネイア、リオンディーズ、サートゥルナーリアが兄弟のルペルカーリア。馬体も大柄でデビュー時は500kgくらい、もしくはそれ以上が見込めます。この血統ですし、生まれも遅いので秋デビューですが、この馬は兄と同じくらいの活躍は固そうです。ただ、兄らと比べると、父がモーリスなので距離はマイル~2000くらいかと。


3頭目

サヴァニャン
(牝馬、黒鹿毛、3/11生まれ
父ディープインパクト
母サマーハ
母父Singspiel
栗東藤原英昭厩舎所属予定
馬主 金子真人ホールディングス
生産者 安平 ノーザンファーム
1歳セレクトセール2億2680万落札)

ここに来てありきたりの馬選んじゃったよ。お察しの良い方はお分かりだと思いますが、シャケトラの妹ですね。サヴァニャンは小柄で420kgくらい。ここから成長するとは思いますが、切れ味抜群で操縦性の高さが評判。6月阪神のデビュー予定ともなり、POGファンはこの馬を選ぶのをオススメします。まぁ阪神JFとかは人気でしょうね。今のとこ桜花賞でも◎打てる器はありますね。ちょこっと最初でも触れましたが、小柄なので夏~秋にかけての成長が1つカギを握るかと。決してこの血統成長が早いわけではなく古馬になってから成長する場合もある。そしてイマイチ、シャケトラ以降目立った活躍馬が出ていないとこ。確かにダート血統の馬を配合し続けており、芝向きの血統はシャケトラ以来なのでその辺りは目をつぶっていたい。


てな訳でノーザンはここで終わり。ちょっとありきたりすぎますね。これ以降はもうちょっと踏み込んでいけるよう努力したいです。


それでは4頭目
ミステリーウェイ
(牡馬、黒鹿毛、3/12生まれ
父 ジャスタウェイ
母 ジプシーハイウェイ
母父 High Chaparral
栗東 安田隆行厩舎所属予定
馬主 社台レースホース(募集金額4000万円)
生産者 千歳 社台ファーム)

姉にアマルフィコーストのいる血統。ダイワメジャーからジャスタウェイに変わってどうなるかというとこ。ジャスタウェイに変わったということは単純に考えれば切れ味は増すのではないか。アマルフィコーストは先行力と粘り強さが武器だっただけに、姉とは違ったとこが見れそう。他に兄弟いるがその他はちょっと…という感じだが、大型馬で筋肉ガッチリなタイプ。短距離での活躍が楽しみ。クラシック向き、POG向きではないとは思うが、馬は良さそうで推奨。


5頭目

トゥーフェイス
(牡馬、鹿毛、2/26生まれ
父 モーリス
母 マスクオフ
母父 ディープインパクト
美浦 新開幸一厩舎所属予定
馬主 社台レースホース(募集金額2400万円)
生産者 千歳 社台ファーム)

今年の新種牡馬モーリスは良く見える。今考えればモーリスも筋肉質でしたよね。父モーリスで母父ディープインパクトという素人からするとスゴイ血統だなーみたいな。兄弟にルイジアナママもいます。祖母はビハインドマスクでスワンSなど重賞3勝の活躍。叔父はオメガヴェンデッタ。母マスクオフは馬体が小さかったが、トゥーフェイスはなかなかのサイズで500kg程度はある。距離はマイル~2000mまでだとは思うが、4/2入厩済みとのことで間違いなく順調で早期デビューも見込める。まずPOG1勝!と思う方は指名しとくのもありかと。


6頭目

パレドジュスティス
(牝馬、芦毛、5/11生まれ
父 ロードカナロア
母 ラブリネスオブパリ
母父 サンデーサイレンス
栗東 西村真幸厩舎所属予定
馬主 社台レースホース(募集金額3000万円)
生産者 社台ファーム)

兄弟にシフルマン、シャンパーニュがいる血統。叔父はギュスターヴクライ。オルフェーヴル逸走事件の時の阪神大賞典を勝ちましたね。祖母は秋華賞勝ちのファビラスラフィン。ラブリネスオブパリの血は確実に勝ち上がるがモットー。今のところ8頭中6頭が勝ち上がり。兄弟が長いとこで走っているが、ロードカナロアに変わって短いとことは言わないが、切れや瞬発力が増せば、兄弟とは違ったとこで走れる気もしますね。去年の2歳戦好調だった西村真幸厩舎の手腕にも期待。


てな訳で社台からも3頭挙げました。近年の傾向からノーザンと社台半々はおかしいだろ!という意見も分かってはいますが、一応二大巨頭的な感じでお願いしますね(笑)


では、7頭目。ここからある程度フリーで挙げますよ。


ハイパーソニック
(牡馬、鹿毛、3/15生まれ
父 ロードカナロア
母 チェルビム
母父 サンデーサイレンス
栗東 中竹和也厩舎所属予定
馬主 前田晋二(2019年北海道セレクションセール1歳3564万円落札)
生産者 日高 奥山博)

今年の3歳馬ではコントレイルを始め、大活躍中の大山ヒルズから選出。ハイパーソニック自身は気性も穏やかでマイル以下くらいが合いそう。決してチェルビムの子供が走ったという感じはなくとも、この馬は馬体も大きく、パーツが大きく筋肉がある。晩成型で古馬になってからかなという印象はあるものの、ゆくゆくは大きいとこを獲れそう。



8頭目


スペキアリス
(牝馬、青毛、1/26生まれ
父 エピファネイア
母 スペルバインド
母父 ゴールドアリュール
栗東 高野友和厩舎所属予定
馬主 GⅠレーシング(1口40万円×40口)
生産者 白老 社台C白老ファーム)

今年の3歳戦はイマイチ不発感のあった追分ファーム勢。ただ今年の2歳追分ファーム勢は結構粒揃いで面白いかもです。その中でも今年の3歳世代絶好調のエピファネイア産駒から。伯父にシックスセンスがおり、中距離前後が1番合うのかな。不安はスペルバインドの子供が全く走っていないこと。ガクチカキッズ以外は勝ち星を挙げていない。ただスペキアリスは好馬体である程度はやれてもとは思いますがね…。デビューは早い時期とも書いてあり、まず初戦走るかどうか注目。



9頭目

ブルースピリット
(父 Invincible Spirit
母 Jasmine Blue
母父 Galileo
栗東 中内田充厩舎所属予定
馬主 ゴドルフィン
生産地 アイルランド)

厩舎も馬名も決まっていないという事があり得るのか!あり得るんですよ。ちなみに今書いているのが5/17なんですが、この時点でも決まっていません。噂では中内田厩舎所属という説もありますが分かりません。血統は父やGreen Desertの系統的に短距離向きとのこと。父のInvincible Spiritはイギリスの2002年スタンリーリージャー・スプリントCという1200mのGⅠを勝った馬。で、そのレースを調べたら、このレースにエアトゥーレの名前もありました。鞍上はユタカ・タケです。本題に戻って、馬体は短距離馬らしく筋肉たっぷり。さらには前向きな気性も短距離向きではないかという推測。タワーオブロンドンの再来みたいなことが起きてほしいです。



10頭目

ロードマックス
(牡馬、鹿毛、3/23生まれ
父 ディープインパクト
母 パーフェクトトリビュート
母父 Dubawi
栗東 藤原英昭厩舎所属予定
馬主 ロードホースクラブ(14.4万円×500口)
生産者 新ひだか ケイアイファーム)

ロードカナロアでお馴染みケイアイファーム。この後ご紹介しますが、どのロードカナロア産駒よりもこちらが良く見えました。兄弟が中央で結果出せず地方移籍が多いんですが、この馬は父に似た感じで軽い芝が合いそう。筋肉の質も良さそうで、背腰のあたりもケイアイファームの中では良さそう。何よりも今年からケイアイファームは1200mの屋内坂路ができ、トレッドミルが新しく2台出来たことでより、若いうちから今までより質の高いトレーニングが出来る。つまり、ここ最近とはひと味違うケイアイファームが見れそう。なので、個人的にはケイアイファームを推していきたいです。


11頭目

フライングバレル
(牝馬、鹿毛、2/23生まれ
父 ロードカナロア
母 スピニングワイルドキャット
母父 ハードスパン
栗東 安田隆行厩舎所属予定
馬主 ロードホースクラブ(9,6万円×500口)
生産者 新ひだか ケイアイファーム)

この文字列をお気づきの方は多いかと思います。そうですね、ダノンスマッシュの全妹にあたる血統ですね。ベタすぎて申し訳ない。ロードカナロア産駒の中だったら1番でしょ。単純です。兄に似てます。あとは、いかに気性が落ち着けるか。



ここまで11頭挙げました。本来ならばここから外国産馬の事についてあげるべきだと思いますが、すみませんね、写真も無いですし、血統見ても、だいたいフランケルで良いだろ~みたいな事になりそうなので、書きません。申し訳ないです。


んじゃ、最後に今年の新種牡馬ご紹介します。去年~今年にかけてキズナやエピファネイアの子供が大活躍でしたからね。そして、新種牡馬ですが、地方競馬は新馬が始まってますので、何頭か勝ち上がった新種牡馬もいます。今度はJRAでの勝ち上がりも見せて欲しいです。


アジアエクスプレス
(父 ヘニヒューズ
母 ランニングボブキャッツ
主な勝ち鞍 朝日杯FS)

エイシンヒカリ
(父 ディープインパクト
母 キャタリナ
主な勝ち鞍 香港C、イスパーン賞)

クリエイターⅡ
(父 Tapit
母 Morena
主な勝ち鞍 ベルモントS、アーカンソーダービー)

ダノンシャーク
(父 ディープインパクト
母 カーラパワー
主な勝ち鞍 マイルCS)

ダノンレジェンド
(父 Macho Uno
母 マイングッドネス
主な勝ち鞍 JBCスプリント)

ディスクリートキャット
(父 Forestry
母 Pretty Discreet
主な勝ち鞍 シガーマイルH)

ドゥラメンテ
(父 キングカメハメハ
母 アドマイヤグルーヴ
主な勝ち鞍 日本ダービー、皐月賞)

ホッコータルマエ
(父キングカメハメハ
母 マダムチェロキー
主な勝ち鞍 チャンピオンズC、東京大賞典、JBCクラシック、かしわ記念、川崎記念、帝王賞)

マクフィ
(父 Dubawi
母 Dhelaal
主な勝ち鞍 英2000ギニー、ジャックルマロワ賞)

ミッキーアイル
(父 ディープインパクト
母 スターアイル
主な勝ち鞍 NHKマイルC、マイルCS)

モーリス
(父 スクリーンヒーロー
母 メジロフランシス
主な勝ち鞍 天皇賞秋、安田記念、香港C、チャンピオンズマイル、マイルCS)

ラブリーデイ
(父 キングカメハメハ
母 ポップコーンジャズ
主な勝ち鞍 天皇賞秋、宝塚記念)

リオンディーズ
(父 キングカメハメハ
母 シーザリオ
主な勝ち鞍 朝日杯FS)

その他に
リヤンドファミユ
ヘニーハウンド
ハクサンムーン
ダブルスター
クリーンエコロジー
トーホウジャッカル
ペルーサ
ナムラタイタン
アロマカフェ
ゴールスキー
エキストラエンド
オールステイ
ミュゼスルタン
パンデ
シェイクザバーレイ
ウエスタンゼウス
ケイアイドウソジン


これらが今年からの新種牡馬になります。初年度産駒数が1番多い馬ではドゥラメンテの189頭で、ウエスタンゼウスとケイアイドウソジンは1頭になっています。



てな訳で、このブログを見てくださった方がダービーの翌週から始まる新馬戦を少しでも楽しんでもらえるよう書いてみました。これが当たるかどうかは分かりません。ただそれが面白いとこでもあります。

ちなみに去年はモーベットとホウオウピースフルを強く推していた私。結果は……。モーベットは想像以上走りませんでした。ホウオウピースフルはオークスですか。頑張ってほしい!!

ということでここまでTTでした~

これからもウマホで競馬をより楽しみましょう!!

(ヘッダ画像は無事にゲートインしてほしいという意味からゲートの写真を…)
Heart6
Share twShare fb

この記事を書いた人

TT

Seeker @Keiba_Seeker予想家とMPR @Keiba_MPR予想家兼中の人。予想スタイルは陣営のコメントや過去のレースを重視!基本的には穴予想! 高知競馬応援中! ウマホ→https://umaho.jp/users/keiba_TT

Share tw
記事一覧

記事へのコメント

自分も記事を書いてみる

このユーザーの他の記事

Blog header15

TTのダービー予想!

◎⑥ヴェルトライゼンデ→誤解してほしくないのは、僕は穴党ということ。穴党以上にひねくれ者だということ。そりゃコントレイルかサリオスが勝つと思いますよ。ただ、3着を当てたい。そういう意味の◎です。前走はノメって競馬になってません。良馬場は良いです。あとは良馬場でまともに走ればコントレイルの気持ち後ろくらいでゴールするだろうなということ。ホープフルがそれを物語ってる気がします。府中がダメということは無いと思うんだよな。ダービー特有の早仕掛けの展開になって池添騎手が前を目標に追えば何かあっても良い気しますけどね。◯⑫サリオス→サリオスとコントレイルならサリオスを上に取りました。とは言っても買い目もこの後載せますが、まぁ互角の評価よ。距離は問題ないし、何よりも今の府中で前で競馬出来るのは良い。皐月賞は結局コントレイルとほぼ同時、または先にコントレイルに抜け出される競馬だったが、サリオスが先んじて前に出ればコントレイルが差し甘んじるケースもあると思う。▲⑤コントレイル→正直、安全運転をしても勝てると思う。ただ安全運転の何が怖いって前を捕まえきれないでゴールするのが怖い。コントレイル以上に切れる馬はほぼいない。だからこそ、差し甘んじるのは勿体ない気がする。負けるのであればサリオスとの真っ向勝負で負けてほしい。もしくはコントレイル以上に強い馬がいましたよパターン。これなら納得出来る負け方。差し切れないとか、前壁ですは避けてほしいな。☆①サトノインプレッサ→この後の印もそうなんですが、基本的にダービーは内枠です。本当はワーケア◎予定でした。ただワーケアが勝てるイメージが湧かないのと、ハイリスクローリターンだなと。脱線しましたね。もともと能力高い馬です。折り合いは知りません。ただ位置取る気になれば取れるのでその辺りで一泡吹かせるかな。去年のロジャーバローズ的存在ですよね。△②③⑩⑮→アルジャンナは内枠。☆に力負けと言った前走後の談話だが、ちゃんと位置取って走れば上位とは差は無いと思います。ワーケアはさっき言った通りです。コルテジアはなんか上手く乗って3着拾いましたよ的な。前走あそこまで位置取れないとは思わなかった。今回は先行手薄だし行けても。サトノフラッグはダービー向き。この枠だけですね。良い枠ではないと思う。買い目3連複⑥→⑤⑫→①②③⑤⑩⑫⑮

@keiba_TT

2020/05/30

Blog header14

明日のジャンプ!

今週は第3場目(ローカル)の開催がなく、中央場所での障害レースとなる。ちなみに6月の第3場目は函館のため、6月も中央場所の障害となる。これが何を指すのかというと、基本的に第3場目の障害は置き障害(ハードル障害)で、中央場所の障害は固定障害となる。固定障害の分、難易度も上がり飛越力が求められる。そうなると、先週まで行われた新潟やその前の開催だった福島、休み明けの馬であれば中京と最近は連続して第3場目の置き障害でのレースが続いていたが、この直近のレースが繋がらないケースも増えてくると予想できる。では、今週のレースはどうなのか。土曜東京4R 14頭立てのところ、3頭が初障害でこの3頭は分からない(笑)。他の11頭を見ると、前走置き障害だった馬は9頭。他2頭は京都と阪神だった。冬の東京開催は障害が組まれない番組設定であるので、仕方ないというところ。そして、過去に東京の障害を使ったことがある馬は2頭。その2頭とも東京の障害は全て着外で正直狙うすべが無いレース。では、固定障害で好走歴のある馬は内からロスカボスが中山3着。マイネルサージュが阪神2着。マンノグランプリが阪神3着。シゲルマツダイは東京で4,5着。阪神4,4,3着という実績。その他は掲示板外というとこ。実績的にも限られてくる以上絞らないといけないかと。あとは初障害組がどうか。オーヴァーライトは障害試験2回目での合格。タイムは1600m1:50.4。正直遅い。平地の脚力は3勝クラスでダートの短距離が主戦だっただけにスピードはありそうだが、スタミナは…。ムーンリットエルフも障害試験2回目での合格。1600m1:54.2。これも遅い。初障害組は1:50は切ってこないとだいたいは厳しいでしょう。平地の脚力も物足りず経験が必要かなと。皆さんの注目はアバオアクー。こちらは2/12の障害試験に合格しており、専門紙などには載っていません。2/12以降休養してたので。1:53.3での合格。遅いですが、他2頭とは試験合格後、休んで障害練習も積んでると仮定すれば初障害組では1番買える馬かなと。ただ平地時代から進んで行かない馬だったので序盤の位置取りはカギになりそう。てな訳で長々とうんたらかんたら書きましたが印は◎⑤ディード→1回も名前出てきてない馬が本命という、今まで何を語ってきたんだ(笑)。過去に京都で5着はあるんですよね。障害で唯一馬券に絡んだのは福島での3着もこれは不良馬場で時計がかかったことを考えれば府中の3000mは向きそう。スタミナタイプでもあるし。前走から付けたブリンカーで行きっぷりも良くなってここは期待しても。◯④マイネルサージュ→こちらは確実にポジションを取れて、確実に終いも伸びてくる。負けるのであれば直線がダートで400mくらい直線を走るとこで差されるとか脚が鈍るとかで負ける可能性はあるかなと。▲①ダイシンクローバー→私TTが障害で常に提唱している「障害2戦目を狙え」。これが意味するのは障害慣れと初障害組に人気が集まって人気の盲点となること。前走5着で若干人気になる気もするが、アバオアクーとかに人気が集まれば多少おいしいのかなと。△⑥スリーミネルバも障害2戦目。こちらは全く人気にならなそうだが、前走位置を取りに行ったのは好感が持てる。△⑩マンノグランプリは末脚がどこまで活かせるか。府中で前走の可能性もある。△⑫シゲルシマダイは落馬明けも実績はあるので前走で嫌気が差さなければ。△⑭アバオアクーも一応入れておく。府中の直線は向くので何とか障害をそつなくこなしてほしい。買い目3連複⑤→①④→①④⑥⑩⑫⑭というわけで障害レースの予想でした!ダービーウィーク楽しみましょう!!

@keiba_TT

2020/05/29

Blog header3

無観客だからこそ、我々の民度が問われる

ダービーがとても楽しみになる約1週間前です。ただ、ダービーを楽しむ上で今年は変わったことがあります。それは「無観客」だということです。これが何を意味するのか。無観客でいるということは競馬場にはお客さんがいない。この言い回しが正しいかどうか分かりませんが、ファンがいません。今、競馬場にいる人はお仕事をしています。生で声援を送ったりすることは出来ません。だからこそ、気をつけなければならないと思います。もともと問題視されてはいましたが、それが最悪なケースにいってしまいました。ネットが原因で人が亡くなりました。もちろん、この事件の前から亡くなっている方はいたと思います。しかし、有名人、表舞台に立つ側の人が亡くなりました。これをどう捉えれば良いのか。まずここで伝えたいのは、ネットは顔が見えない。だからこそ、かなりキツイ言葉を書いても特定されることはない。仮に特定されても逃げられる。そして、その言葉を事前に守ることは出来ても、その守りを上回るパンチが来る。人はこう見えても簡単にKOします。人間とはスゴく弱い生き物です。なので、悪意を持ったコメントを書き込んでは絶対にいけない。これはネットに関わる人間は絶対に守らなければいけないルール、いわば法律です。そしてここからは競馬の話。例えば競馬場で野次を飛ばします。「◯◯テキトーに追うんじゃねぇ!」「□□下手くそ!!」など。野次にも2種類あります。それは「愛のある野次」と「殺傷する野次」です。 例として実況アナウンサーであえてあげます。オークスでデアリングタクトが勝ちました。ただ残り200m地点でアナウンサーが焦って甘噛みをしてしまい、デアリングダクトと言ってしまいました。その後、実況アナウンサーはTwitterで申し訳ありませんでした。とツイートをします。その反応で「そこで焦っているようでは情けない。もっと練習してこい!」と言うのと「てめぇーなんかにオークスなんて実況早いんだよ。てめぇーはクラシック実況するよりローカルの午前中でも実況して、飯でも食って帰れ。まともな実況出来ないゴミが」どちらの方が言われて嫌な気持ちになりますか。私だったら前者の方であればもっと練習して来年、再来年と上手くなってもう一回実況して、その人に認められるよう頑張る!とは思いますが、後者はハッキリ言って死にたくなりますよね。皆さんはこれを分かりやすい物に置き換えてください。仕事でも良いです。馬券でも良いです。何でも良いです。改めて言います。ネットは顔が見えません。もはや、性別すら分からないんです。ネットというとんでもない核兵器を持ってます。それを自覚しましょう。そしてダービー。楽しむために1つだけお約束してほしいです。これは全員です。せっかく1年に1回のお祭りです。今年は無観客です。それだけにネットでの発言が多くなります。ですので、発言1つ1つに、ものすごい重みがあります。中には精神磨り減らして今にも死にたくなる人がいるかもしれません。絶対に悪意のある書き込みはやめましょう。愛のある野次、愛のある暴言は構いません。ただ、悪意しかない書き込み、人が嫌がるような書き込みなど。全員が笑えるような書き込みをしましょう。今年のダービーの成功は我々ファンが全員楽しめたか。これは馬券、レース、そういったことではなく、ダービーという1つの祭りをネット民全員が笑顔で見れるかどうかにかかっています。そこに1つでも悪意の書き込み、全く愛のない書き込みがあれば今年のダービーは失敗だったでしょう。1週間後、全員が楽しめたダービーになったか、答え合わせをしましょう。本当はダービーを前にこんなこと言いたくありません。ただ、あまりにもネットでのイジメが多く、最悪な状態が続いているので書きました。表現等分かりづらかったり、過激な表現をしております。申し訳ありませんでした。しかし、こうでも言わないと分かってくれない人間がいると思ったからです。ご不明な点等ありましたら、私TTに直接質問してください。よろしくお願いします。それではダービーを楽しみましょう!!そして、ダービーへようこそ。

@keiba_TT

2020/05/24

Screenshot 20200523 161826

5/23 高知12R 一発逆転ファイナルレース

高知競馬と言えば一発逆転ファイナルレース!!ウマホではもちろんご存知の通り、中央競馬限定ですが、皆さんに一発逆転ファイナルレースの難しさを知ってほしい!ということと高知競馬のことを少しでも知ってほしい!!てな訳で予想させて下さい!!!もし、このブログをきっかけに高知競馬好きになりました!や一発逆転ファイナルレースの面白さが分かりました!!という方が出来ましたら、僕の役目は果たせたという形になります。予想しよ~~~高知12R 一発逆転ファイナルレース(C3-8記者選抜) ダ1400m 発走20:50(出馬表)https://www.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/DebaTable?k_raceDate=2020%2f05%2f23&k_raceNo=12&k_babaCode=31◎⑧トウシンダイヤ→今日も大混戦ですが、いかにも記者選抜らしい1戦です。トウシンダイヤは終いの脚がある馬ですが、どうしても一般戦だと届ききらないレースが続いています。記者選抜ならある程度ポジションはマシになると思いますし、今日の高知は乾いた馬場で時計がかかります。この馬場は得意なので、距離延長も含め3着以内はありそうということで◎にします。◯⑪リュウシンローズ→別府真衣騎手です。使いながら上向いてきて、ここは積極的に運べるメンバーでもあります。近2走は上手くいかなかった競馬を考えれば記者選抜での巻き返しはありそうです。▲⑩レッドヴェルサス→1400mの方が良く、もともとは安定していた馬。乾いた馬場も適性があり、西川騎手とも手は合うので上位までありそう。△①ヒダザクラ→内が利く馬場なら上位まで。△⑦バンケットスクエア→記者選抜でもう少し前めに行けるはず。△⑨オキテスグメシ→好位で脚を溜める形ならひと脚使えそう。△⑫ストロングハピネス→ここはハナ行っても良い組み合わせ。積極的なら残り目。買い目3連複⑧→⑩⑪→①⑦⑨⑩⑪⑫てな訳でこういった形です。中央競馬でやられた方。今日の一発逆転を狙う方にオススメ!一発逆転ファイナルレースをどうぞお楽しみに!!

@keiba_TT

2020/05/23

Blog header15

天皇賞春予想 TT

天皇賞春予想です。(なお、アメーバブログに書いてあることと同じです。天皇賞春の所のみを抜粋しております)◎③トーセンカンビーナ→前回◎打って味しめた訳ではあります。若干ね。前走、発馬はこの馬にしては悪くない方ですね。あれくらいなら良いでしょう。勝ち馬に0.3離されましたが、2周目3,4コーナーで馬群の中を突けた勝ち馬とそこで外を回された差が最後の差に繋がった印象。最後の直線で微妙に進路が無かったのも1つですかね。京都コースは相性抜群。坂の下りが非常に上手いとのこと。京都3200mは坂を2回上り下りしないといけないので、その辺りは大事ですね。あとこのメンバー構成で何かしらの不安がある馬が多くて難しい。トーセンカンビーナは克服しつつあるかもしれないスタートが不安材料から少しずつ薄まっていくのが見えてるので◎にも推してますよ。◯⑭フィエールマン→やっぱり大外は厳しいですよ。いくら14頭とはいえども。有馬記念は仕上げ途上というよりから仕上げ切るのが出来ない状況下でのレースになり4着と好内容ではあったが良い意味ノーカン。去年の勝ち馬でもありますが、ここ最近の長丁場はスタミナより瞬発力が求められるいわゆる中距離適性的なものが求められてるかと。だからトーセンカンビーナ◎なんですけども。▲①モズベッロ→どうしても内にモタれるんですけど、癖は分かってますからね。あと最内は良いですね。若干過剰人気だなとも思うが、今年のメンバーならそりゃそこそこ人気になりますな。△④⑦⑧⑪→ダンビュライトは去勢効果がありそう。まぁ天皇賞春は逃げ馬注意は昔からですかね。ユーキャンスマイルの乗り替わりは嫌ですね。印には入れますが。キセキのスタートは知らん。普通なら勝って良いというか勝つんですよね。メイショウテンゲンの乗り替わりも嫌。ただ一貫して長距離を使ってきたのは評価。買い目3連複③⑭→①④⑦⑧⑪

@keiba_TT

2020/05/02

このユーザーの記事一覧
自分も記事を書いてみる

検索中です...

しばらくお待ちください

検索条件