×

スマホでサクサク競馬予想!

ウマホは、Twitter連携することでさらに便利にご利用いただけます。

Twitter連携でできること

  • お気に入りの馬や騎手の出走時に通知を受け取ることができます。
  • カードを使ったオリジナルの予想大会に参加できます。
  • ブログ機能を使って、記事を書くことができます。
  • 「みんなの予想」機能で気軽に予想をフォロワーに共有できます。

Twitter white

×

全てを表示
フォロー中のみ

このページは準備中です

このページは準備中です

Result turf cloudy
Kumo 8Hi 8Win opAshi henkaShiba 1800
Moji ziMoji e sMoji raMoji ruMoji deMoji i sMoji  Moji na
Zentai juujitasuki aka
Sode tatejima ki
Happy
Happy sub
Jockey hanyou male30 40
Menko 2
Touraku 2
2022年11月13日(日)
福島東京阪神
123456789101112

第47回エリザベス女王杯(G1)

3歳以上オープン  (国際)牝(指)(定量)

芝右2200m / 天候 : 曇 / 芝 : 重 / 発走 : 15:40

4番人気のジェラルディーナ(C.デムーロ騎手)が、前を行く5番人気のウインマリリンをとらえ、1.3/4馬身差つけて快勝した。勝ち時計は2分13秒0。2着はウインマリリンとライラックが同着。なお、1番人気に支持されたデアリングタクトは、6着だった。

1着2:13.0
Loading
  • 次走メモ: 【注目】ペースが速くならず、一団になった馬群がゴチャつく場面も多かったので、大外18番枠からリズム良く追走できたことが良かったし、外差し有利となった馬場状態も味方した。ただ、3戦連続プラス6kgの馬体重だったことからも分かるように4歳秋になって馬が完成の域に入っていたことも大きかった。次走以降でのさらなる飛躍に期待。
2着1.3/4
Loading
  • 次走メモ: 【注目】昨年のエリザベス女王杯から春の宝塚記念までは肘の状態が悪く本来の力を発揮することができなかったが、ここ2走はその状態も良く、今回はレーン騎手の好騎乗にも導かれてオークス以来のG1連対となった。馬の状態さえ良ければ牡馬相手でも引けを取らない能力は持っているし、次走、有馬記念に向かうとすれば、昨年の日経賞でカレンブーケドールとワールドプレミアを倒した舞台。状態さえ整っていれば十分に勝ち負けできる。
2着同着
Loading
  • 次走メモ: 【注目】枠順・馬場・展開がまったく合わなかった秋華賞での大敗で大きく人気を落としていたが、オルフェーヴル産駒のこの馬にとってはタフな馬場になったのもプラスだったし、ゴチャついていた馬群の後ろをスムーズに追走できていたのも良かった。直線の短い芝で外差しが決まる馬場が好走条件なので、走るタイミングを選びそうだが、能力の高さは証明したので、次走も目が離せない存在。
4着2.1/2
Loading
  • 次走メモ: 【注目】外差し馬場は向いたものの最後方からのレースで難しくなってしまい、幸騎手もマクるかどうか迷っていたようだった。結果、終い勝負で0秒7差4着。マクっていても距離ロスがあったので、これより上位にこられたかは微妙だが、昨年の覇者が衰えていないところは見せてくれた。次走も展開がかみ合えば善戦可能。
5着ハナ
Loading
  • 次走メモ: 【注目】20kgの馬体増だった秋華賞より見た目に馬は良くなっていたし、道中も中団の窮屈なところで何度も接触があったが、最後まで止まることなく根性を見せて0秒7差5着。この馬の適距離はマイル~1800mぐらいだろうし、それを考えればよく頑張っていると考えていい内容。次走、2000m以上の距離はスパッと諦めて距離短縮で出走すれば、アッサリまであってもいい素質は秘めている。
6着2
Loading
  • 次走メモ: 【割引】内めの枠からの競馬でもまれてのレースになったので、ストレスの大きな内容だったことは確かだが、道悪を苦にしなかった馬が伸びあぐねたあたり、3歳時の輝きはないと考えざるを得ない内容。その頃の状態まで戻すのは難しそうだし、人気先行型のタイプなだけに、次走も期待値が低くなりそうで狙いづらそう。
7着3/4
Loading
  • 次走メモ: 【注目】1コーナー手前からゴチャついて位置を下げる不利があったものの、芝良0-3-0-10、芝稍重3-0-0-2、芝重2-1-0-1とタフな馬場が滅法得意な馬で、今回は雨を味方につけての善戦。ただ、本質的に2200mは長い馬なので、次走以降、狙うなら2000m以下のタフな馬場限定で良さそう。
8着ハナ
Loading
  • 次走メモ: 【注目】道中は後方の内ラチ沿いで脚をため、一発に賭けるレース運び。そのぶん、直線入口まで追い出せず仕掛けが遅れてしまったし、外伸び馬場だったので、直線でも進路を内に取ってしまったことは結果的に失敗だった。ただ、今回で評価を下げる必要はなく、次走以降、2200m以上のレースなら高いパフォーマンスを見せられる馬。
9着1.3/4
Loading
  • 次走メモ: 【注目】オークスは高倉騎手がロスなく乗って0秒5差4着に善戦できていたが、ミッキーアイル産駒だし、本質的には2000m以上は長いタイプ。今回は度外視していい内容だし、次走、1800m以下の距離のレースに使ってくれば、巻き返しの可能性は高いと考えたい。
10着ハナ
Loading
  • 次走メモ: 【注目】1コーナーまでのポジション争いで少し狭くなって位置は下げたものの、おおむねスムーズな競馬。鞍上もコメントしていたように、タフな馬場だと2200mは長そうだし、ワンターンのコースの方が良さそうなタイプ。また、前走まで連勝した際に乗っていた岩田康誠騎手や和田竜二騎手のようにビッシリ追ってくれる騎手の方が合っていそうな馬だし、次走、そういった騎手に乗り替わっての巻き返しに期待。
11着アタマ
Loading
  • 次走メモ: 【注目】1番枠から内ラチ沿いを回ってくる競馬だったが、直線は外の方が伸びる馬場だったし、オルフェーヴル産駒とはいえ母父Giant'sCausewayということもあってか、2200mは少し長いように感じた。次走、直線の短い芝右回りで1800m以下のレースなら、巻き返す可能性は十分ありそう。
12着2.1/2
Loading
13着1.1/2
Loading
  • 次走メモ: 【注目】スタートを決めてハナを奪いこの馬の競馬はできたが、初めての2200mとタフな馬場が影響して踏ん張り切れなかった印象。ここ2走は大敗が続いてしまっているが、次走、1800m以下の距離に戻し、タフな馬場にならず気分良く先行できれば、まだ勝ち負けできるはず。
14着2
Loading
  • 次走メモ: 【割引】競馬が上手な馬なので本来なら大崩れはないタイプだが、大きな不利もなくこれだけの大敗をしてしまうのなら敗因は仕上がりか。余裕残しだった紫苑ステークスから目いっぱい仕上げられた秋華賞だったので、反動もあったのかもしれない。この先、年長馬や牡馬と戦っていくことを考えれば状態を取り戻すだけでなく能力面での成長も必要不可欠になるし、次走以降、苦戦が続いてしまうかもしれない。
15着1.1/4
Loading
  • 次走メモ: 【注目】昨年のエリザベス女王杯と同じように敗因は関西への輸送。今回は完全にノーカウントで良さそうなレース。次走、有馬記念となれば昨年よりも一戦使っていない状態での出走になるし、コース適性のある舞台で大穴に狙っても面白そう。
16着1/2
Loading
17着9
Loading
18着2.1/2
Loading
買い目金額人気
単勝188104
複勝18
13
15
330
370
1,160
4
6
13
枠連7―81,4107
馬連13―18
15―18
1,920
15,500
13
70
ワイド13―18
15―18
13―15
1,570
9,180
8,380
16
78
72
馬単18→13
18→15
3,520
23,140
24
127
三連複13―15―1890,210231
三連単18→13→15
18→15→13
206,260
289,250
1138
1391

検索中です...

しばらくお待ちください

検索条件

×

検索のヒント