×

スマホでサクサク競馬予想!

ウマホは、Twitter連携することでさらに便利にご利用いただけます。

Twitter連携でできること

  • お気に入りの馬や騎手の出走時に通知を受け取ることができます。
  • カードを使ったオリジナルの予想大会に参加できます。
  • ブログ機能を使って、記事を書くことができます。
  • 「みんなの予想」機能で気軽に予想をフォロワーに共有できます。

Twitter white

×

全てを表示
フォロー中のみ

このページは準備中です

このページは準備中です

Result turf cloudy
Kumo 5Hi 5Win opAshi henkaShiba 2400
Moji siMoji ruMoji vuMoji a sMoji  Moji soMoji niMoji tu sMoji ku
Zentai tatejima kuro
Sode ipponwa ao
Happy
Happy sub
Jockey hanyou male30 40
Menko 2
Touraku 2
2022年12月3日(土)
中山中京阪神
123456789101112

第56回ステイヤーズS(G2)

3歳以上オープン  (国際)(特指)(別定)

芝右 内2周3600m / 天候 : 曇 / 芝 : 良 / 発走 : 15:25

3番人気のシルヴァーソニック(D.レーン騎手)が、終始中団を追走すると、迫り来る5番人気のプリュムドールを、3/4馬身凌いだ。勝ち時計は3分46秒3。3着には4番人気のディバインフォースが入った。なお、1番人気に支持されたディアスティマは、9着と奮わなかった。

1着3:46.3
Loading
  • 次走メモ: 【割引】1周目1コーナーの入口で中団の内ラチ沿いを確保し、そこからは最短距離を回ってきた。最後の直線でなかなか進路ができなかったが、スペースができるまで慌てずに追い出すタイミングを待っていたレーン騎手の落ち着きはさすがの一言。長距離戦での安定感はあるが、今回は鞍上の好騎乗による勝利なので、次走は頭で信頼するのは危険かもしれない。
2着3/4
Loading
  • 次走メモ: 【注目】道中は中団のインを追走。2周目4コーナーだけ4・5頭ぶん外に出して追い込んだが、最後まで内にこだわったシルヴァーソニックに抜けられてしまい0秒1差2着。ただ、重賞の舞台でも持ち前のスタミナを存分に発揮することができたので、次走以降も長距離戦線で楽しみになる内容だった。
3着1.1/4
Loading
  • 次走メモ: 【注目】内々を立ち回った馬が上位を占めたレースだったので、3・4頭ぶん外を回されてこの馬にとっては厳しい展開になってしまった。それでも、0秒3差3着と馬券圏内を確保することができたのは、さすが前年の覇者といった内容。次走以降、衰えがなければ引き続き長距離戦線で楽しませてくれそう。
4着1.1/4
Loading
  • 次走メモ: 【注目】早めにポジションを上げてきた馬がいた影響で、3コーナーで4頭が後続馬群を少し話すような形に。その中には1番人気のディアスティマと2番人気のこの馬がいたことを考えると、勝負どころで前にいた馬には展開が厳しかったといえそう。2着だった昨年より馬は良く見えただけに残念だったが、次走以降も長距離戦線で楽しませてくれそう。
5着クビ
Loading
  • 次走メモ: 【割引】左回りより右回りがいい馬だが、3勝クラスの古都ステークスを勝った後、右回りはG1でしか走っていなかった。そのため、今回は相手関係が楽になっていたし、好位の内めでロスなく運び、イン有利のトラックバイアスを生かして、0秒5差5着と掲示板を確保。ただ、ここまで恵まれても馬券圏内にはからめなかったので、次走も馬券圏内は厳しいか。
6着ハナ
Loading
  • 次走メモ: 【注目】道中は気負っている場面もあったし、2周目3コーナーで5・6頭ぶん外まで出したにも関わらず、4コーナーで最内に進路を切り替えており、チグハグな競馬になっていたが、0秒5差6着と大きく負けなかった。3勝クラスの立場でこれだけやれたし、スタミナはかなり豊富なところを見せてくれた。次走、しっかり折り合ってレースができれば、格上挑戦でもチャンスはありそう。
7着1.1/4
Loading
  • 次走メモ: 【割引】道中は中団の内から2頭目を追走。展開やトラックバイアスを考えるといい位置だったが、早めから鞍上の手が動いてしまい、0秒7差7着。オープン入りを決めた3勝クラスの松籟ステークスがうまく立ち回っての勝利だったので、オープンでは壁を感じるようなレースが続いている。次走、上位争いをするには何かテコ入れが必要になりそう。
8着1.1/4
Loading
  • 次走メモ: 【注目】ゲートをつまづいて出て、その直後にディアスティマに寄られて後方から。ただ、いつも控えて競馬をするタイプなので、今回は3600mはさすがに長すぎたということかもしれない。展開待ちでムラ駆けタイプで狙いづらい馬だが、次走も完全に無視をするのは危険。
9着アタマ
Loading
  • 次走メモ: 【注目】前走の京都大賞典でもハミを取り過ぎていたので、3600mに距離が延びると道中で息を入れることがそれほどできなかった印象。2番手からアイアンバローズに突かれ気味になっていたのも厳しかった。次走、道中でリラックスして走れるようになれば巻き返し可能。
10着3.1/2
Loading
11着クビ
Loading
  • 次走メモ: 【注目】勝負どころをロスなく回ってきた馬が上位を占めていたので、2周目4コーナーで5・6頭ぶん外を回したことは不利だった。ただ、そこがスムーズでも勝ち負けに持ち込むのは難しそうだった。2017年~2021年のステイヤーズステークスで父サンデー系×母父アメリカ血統の配合は0-1-0-14/15と血統面からも相性の良いレースではなかったので、今回は度外視していいかもしれないので、次走での巻き返しがあるかも。
12着1.1/2
Loading
13着ハナ
Loading
14着2.1/2
Loading
買い目金額人気
単勝75403
複勝7
12
9
200
300
210
3
5
4
枠連5―72,40012
馬連7―122,72011
ワイド7―12
7―9
9―12
870
640
1,160
10
6
14
馬単7→124,63018
三連複7―9―125,77020
三連単7→12→930,24099

検索中です...

しばらくお待ちください

検索条件

×

検索のヒント